出会いアプリ 性病 見分け方

相手が性病に感染しているか見分ける方法

出会いアプリは多くの人から使われていて、目的は人それぞれで違うが、男性ユーザーの中で多い目的と言えば、やはりヤリ目だ!

女性ユーザーの中にも表には出さないけど、ヤリ目で使っている人もいるけど、堂々とセフレ募集などをしている訳じゃないから気づかないことが多い。

また同じ目的を持った人同士が出会えば、身体の関係を持つことが出来る。
でもそういった人と関係を持つということはある程度リスクがあることは忘れないでほしい!

どんなリスクがあるかと言うとズバリ!
「性病に感染する恐れがある」ということ!

 

医者

出会いアプリでヤリ目の女性のほとんどが、不特定多数と関係を持っている可能性が高いから、性病になっている可能性もあり危険・・・

全ての女性が性病と言う訳ではないが、そのようなリスクもあるということは頭に入れておいた方がいいと思う。

また女性の中でも特に援デリは毎日色々な人を相手にしているから性病の可能性が高いから、援デリは利用しないことをオススメしない。

しっかりしている所なら、働いている女性に定期的に性病検査を受けさせてるけど、援デリは違法な運営をしている上にしっかり管理してる訳じゃないから性病に感染している可能性が高いと考えた方がいいと思う。

また最悪な女性の場合、自分が性病なのにも関わらずそれを相手に伝えずに関係を持つ女性もいるからすごく厄介!

こんな女性と関係を持てば必ず性病を移されるから、関係を持つ女性もしっかり選ぶようにしよう。

性行為で感染しやすい性病の種類とは?

性行為をして感染しやすい性病には色々な種類があるから、どのような種類があるのか知っておいた方がいいだろう。

・クラミジア
・淋病
・ヘルペス
・ケジラミ
・エイズ
・梅毒
これはごく一部で、もっと色々な種類の性病があり、援デリを利用したり、不特定多数と関係を持っているような女性と性行為をすると感染するかもしれないと理解しておこう。

 

■クラミジア
性病で多くの感染者がいるのが、このクラミジアと考えてもらってもいいと思う。

20代くらまでの女性の約5人に1人はクラミジアになっている可能性が高い性病だ。

セックス・キス・フェラ・クンニなど、性的な接触をすると感染から、感染している女性と性行為をしたらアウト!

クラミジアは症状がそこまで強くないため、気づかずに生活している人も多いから、治療することなく性行為をして感染が広がっていく可能性が高い。

!クラミジアの症状!
・尿道に痒みを感じる
・排尿時に痛みがあるまたは違和感がある

上記の症状が見られる場合は、クラミジアに感染している可能性があるので病院に受診して性病の検査を受けた方がいい。

治療には内服薬が処方されるので、毎日しっかり服用すれば2週間くらいで治る。
治療中に性行為をしてしまうとその相手にも感染してしまうので、絶対にしないように注意しよう。

 

■淋病
淋病もクラミジアと同じくらい感染する人が多い性病の1つで、感染力が強い性病でもある。

淋病に関しては症状が弱いため気づくことがそのまま関係を持ってしまう人が多く、そのためクラミジアと同じように感染が広がっていってしまう。

感染力が強いため性行為をすると高確率で感染してしまうが、フェラやクンニなどだけでの感染はそこまで強くないと言われている。
でも感染しないという訳ではないから勘違いしないように!

!淋病の症状!
・排尿時に強い痛みを感じる
・尿道から膿が出る

上記のような症状が見られる場合は、淋病である可能性があるからすぐに受診することをオススメする。

淋病の治療には、抗菌薬が処方され3日間服薬すれば治すことが出来る。
感染力が強い物の、しっかり治療すれば3日だけで直すことが出来るので、放置せずに出来るだけ早く受診してほしいと思う。

 

■ヘルペス
ヘルペスというのはヘルペスウイルスに感染するとなる性病であり、もしも1度症状がおさまったとしても体の中にウイルスが残っているため、感染した人の抵抗力が弱くなると再発するなど、何度も繰り返しなるので、すごく厄介な性病だと言える。

セックス・フェラ・クンニなど性的な接触をすると感染する。
その他にも体にヘルペスが出来ている時に、ヘルペスの分泌液に触ったり、同じタオルを使うことでも感染する可能性があるので、注意した方がいい。

!ヘルペスの症状!
・口の周りに痛みを感じる出来物が出来る
・性器の周りに痛みのあるただれが出来る
・リンパ節が腫れる

抵抗力が弱った時に現れやすいので、痛みのある出来物やただれがある場合は、ヘルペスだと思った方がいい。

受診すると抗ウイルス薬を処方されて服用すると良くはなり症状がおさまるものの、ウイルス自体は体の中に残っているので、また抵抗力が弱くなった時に再発するなど、何度も繰り返すので、すごく厄介であることは間違いない。

 

■ケジラミ
他の性病とは少し異なるが、性行為することで感染することもあるので、性病だと言われている。

ちなみにケジラミとは、人の毛に寄生して血液を吸って成長するシラミと言う虫。

ケジラミは、毛同士の接触で感染するので、コンドームを着用していたとしても防ぐことが出来ないので、すごく厄介!

その他にも感染した人が使ったタオルなどからも感染する可能性があるので、注意しよう。

!症状!
・陰毛に強い痒みを感じる
・酷くなると湿疹が出る
・酷くなる色素沈着が出来る

主な症状は陰毛などに強い痒みを感じるだけだけど、死ぬほど痒くて湿疹が出来たり、色素沈着が起こってしまうので、強い痒みを感じる場合は酷くなる前にすぐに受診して治療を始めることをオススメする。

治療方法でもっとも手っ取り早いのが陰毛を剃ってしまう場虫がいなくなるので、すぐに解決するが、それに抵抗がある場合は、ケジラミを殺す専用のシャンプーを使うといい。

でも卵には効果が無いから流行り剃ってしまった方が早いと思う・・・

衣服などは、ドライクリーニングやアイロンなどで熱処理する必要がある。

また家族内でも感染している可能性が高いから、誰かが感染しているのであれば家族で一緒に治療を始めないと繰り返してしまう可能性もあるので、気をつけよう。

 

■エイズ
エイズという性病があることは多くの人が理解していると思うが、自分がかかると思っていない人がほとんどだと思う。

でも、いつあなたの身にふりかかるかわからないので、しっかり理解しておいた方がいいと思う。

エイズの感染経路で多いのは、やはり性行為からの感染が最も多い。
精液や分泌液、血液などが、性器や傷口に触れてしまうとウイルスが体の中に侵入して感染してしまう。

性行為の他にも、
・覚せい剤を使用していて、エイズ感染者が使用した注射などを使っても感染する
・エイズ感染者の母親の妊娠中や出産時に子供にエイズが感染してしまう恐れもある
・授乳でも感染する可能性がある
など、色々な経路から感染してしまう可能性があることを理解しておこう。

 

エイズは感染してすぐに発症することは無いが、感染すると発熱、だるさなどの症状が出るなど、インフルエンザに似た症状が出るので、勘違いしてしまう人も少なくない。

早期発見し治療をしないでいると、免疫力が徐々に下がっていくのでので、他の病気にもかかりやすくなる。

多くの人が知っている通り、現在エイズが完治する治療法はまだ無い。
でも現在は医療の進歩によって内服薬をしっかり服用すると感染者じゃない人と同じくらいの寿命が期待出来るので、やはり早期発見・早期治療をしてほしいと思う。

 

■梅毒
梅毒は近年で感染者がすごく増加している性病の1つ!

感染力がすごく高いので要注意!
また梅毒は性行為だけじゃなく、キスやコップの使い回しなどからも感染する可能性が高いので、性行為をしていないからと言って油断は出来ない。

!梅毒の症状!
・感染初期はしこりが出来たり、股の付け根などが腫れるが、どちらも痛みを伴わない
・第2期になると全身に赤い発疹が出来る
・第3期になると発疹は消えるが、皮膚にゴム状のしこりができ、最悪の場合死に至る

治療は病院で感染していることがわかると内服薬が処方されるので、しっかり服用していれば治すことが出来る。
でも1度治っても繰り返すこともあるので、治ってもすぐに安心しない方がいいと思う。

性病にならないために

当たり前のことだけど、誰も性病になりたいわけがない!
じゃあ性病になるリスクを下げるためにどうすればいいのかを理解し、性病になるリスクを下げていこう。

・コンドームを必ず付ける
・援デリなどは利用しない
・危ないと思ったら関係を持たない

看護師

■コンドームを必ずつける
性病のリスクを下げたいなら性行為をする時は必ずコンドームをつけることが重要になる。

フェラやクンニからも感染するから、コンドームをつけていれば絶対に性病に感染しない訳じゃないけど、リスクはだいぶ下げることが可能だから絶対につけることをオススメする。

またエイズに関しては性行為からの感染率が高いから、1番効果的な方法だと考えられる。

女性から「生でもいいよ」なんて言われたら浮かれてしまうのが男心だが、それで性病になって痛い目に遭ったら元もこうもないから、そんな甘い誘惑には負けないでコンドームをつけるのは徹底しよう。

コンドームが無いということのないように、男は常にコンドームを持ち歩いていた方がいいかもしれない。

 

■援デリなどは利用しない
援デリ業者などは先ほども言ったように、女性をしっかり管理していないこともあり定期的に性病検査を受けさせていないので、性病を移される可能性が高いと言える。

もしも性病に感染している女性と関係を持てば高確率で感染してしまうので、リスクを下げるなら、まず援デリを利用しないというのが1番の方法だと言える。

確かにお金を払えば関係を持つことが出来るけど、それで性病になってしまうと痛い目に遭うのはあなたなので、自分の身を危険にさらすなんてバカバカしいから利用しないことをオススメする。

 

■危ないと思ったら関係を持たない
性病の中にはわかりやすい症状が出ている女性も多いので、その症状がある女性とは関係を持たないようにするといい。

・今までに嗅いだことのないような強い異臭がする
・出来物がある
・白いカスがある

このような症状が有るのであれば、何らかの性病に感染している可能性が高いから関係を持たないようにすれば性病に感染せずに済む。

全て見分けられるわけではないが、上記のようなわかりやすい症状がある場合は見分けられると思うから、チェックしてリスクを下げてほしいと思う。

これらの症状があるのに関係を持てば感染するから要注意!

最後に

出会いアプリの中には、援デリ業者やヤリ目の女性が潜んでいる。
これらの全ての女性が性病と言う訳じゃないけど、性病に感染している確率としてはかなり高いから、自分が関係を持つ女性はしっかり選んでほしい。

医者と看護師

コンドームを必ずつける・援デリを利用しないというだけでも性病に感染するリスクをだいぶ下げられるから、この2つはしっかり守ってほしい。

これだけ言っても行動しないのであれば、性病になっても自業自得だと思うから勝手にしてくれ・・・

でも最悪の場合性病から死に至る可能性もあるということは忘れてはいけないと思う。

自分の身を守るためにも出来ることはして性病に感染するリスクを下げていこう。

またもしも自分の体に異変を感じた時は迷わずにすぐに受診して検査を受けてほしいと思う。
早期発見・早期治療をすればすぐに治るものも多いので、放置しないですぐに行動にうつそう。